がん患者医療用補整具(ウィッグ・乳房補整具)購入費助成金

公開日 2024年04月08日

趣旨

がん患者の治療及び就業の両立並びに療養生活の質の向上を図るため、がん治療に伴う医療用ウィッグ及び乳房補整具購入費用の一部を助成します。

令和6年4月1日より乳房補整具購入費助成事業も追加されました。

助成対象者

以下の項目のすべてに該当する方を対象とします。

  • 大田原市に住民登録がある方
     
  • がんと診断され、治療を行っている方
     
  • がん治療に伴う脱毛、乳房の切除等で、補整具が必要となった方
     
  • 市税の滞納がない方

助成の対象と金額

  • 医療用ウィッグ

 平成29年4月1日以降に購入した本体のみとし、付属品及びケア用品(クリーナー、リンス、ブラシ等)は除く。

 助成額:購入費(税込み)の9割で限度額は3万円。助成回数は1回。

  • 乳房補整具(右側)

 令和6年4月1日以降に購入した補整下着、シリコンパット等の胸部補整具。

 助成額:購入費(税込み)の9割で限度額は2万円。助成回数は1回。

  • 乳房補整具(左側)

 令和6年4月1日以降に購入した補整下着、シリコンパット等の胸部補整具。

 助成額:購入費(税込み)の9割で限度額は2万円。助成回数は1回。

申請方法

以下の1.2.3.の書類を健康政策課健康政策係に提出してください。

  1. 大田原市がん患者医療用ウィッグ等購入費助成金交付申請書兼請求書[PDF:132KB]「申請書兼請求書」

    【記載例】大田原市がん患者医療用ウィッグ等購入費助成金交付申請書兼請求書[PDF:223KB]
     
  2. 脱毛の副作用がある又は乳房切除を伴うがん治療を受けていることを証明する明細書等

    (例:化学療法等の同意書の写し、診療明細書の写し、抗がん剤治療薬の説明書等)
     
  3. 医療用ウィッグ又は乳房補整具を購入したことを証明する領収書の写し

《ご注意》令和6年4月1日より乳房補整具購入費も助成金の対象となり、「申請書兼請求書」が新しくなりました。以前の医療用ウィッグの「申請書兼請求書」はご利用いただけません。

申請できる期間

購入費用を支払った日から1年以内

関連ワード

お問い合わせ

健康政策課
健康政策係
住所:栃木県大田原市本町1丁目4番1号 本庁舎3階
TEL:0287-23-8704
FAX:0287-23-7632

PDFの閲覧にはAdobe社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード