大田原市業務継続計画(大規模災害編)

公開日 2020年01月20日

業務継続計画(BCP)とは

 災害発生時に行政自らも被災し、人、物、情報等利用できる資源に制約がある状況下において、優先的に実施すべき業務(非常時優先業務といいます。)を特定するとともに、業務の執行体制や対応手順、業務の継続に必要な資源の確保などをあらかじめ定める計画です。
 また、業務継続計画は、市の災害対策の基本的事項を定めた「大田原市地域防災計画」を補完する役割をもっています。
 平成27年4月に新型インフルエンザの蔓延、震災、大規模停電、情報システムの使用不能による非常事態を想定した「大田原市総合業務継続計画」を策定しましたが、令和2年1月に大規模災害のみを想定した「大田原市業務継続計画(大規模災害編)」として改訂しました。

大田原市業務継続計画[PDF:1.14MB]

別紙1 災害対策本部の組織及び分担業務[PDF:230KB]

別紙2 非常時優先業務の区分[PDF:2.51MB]

お問い合わせ

総務課
総務法規係
住所:本町1-4-1 本庁舎6階
TEL:0287-23-8702
FAX:0287-22-4485

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード