タブレット端末による防災訓練

公開日 2015年09月02日

 9月1日の「防災の日」を前に、本市議会はタブレット端末による災害時の情報収集・伝達訓練を実施いたしました。

 本市議会は、平成27年2月にタブレット端末を導入し、6月定例会からはペーパーレス化に取り組み、地球温暖化対策への取組、情報伝達の即時化及び議会運営の効率化に取組んでいます。
 防災訓練の想定は、台風の接近により市内全域で激しい雨が降り、土砂災害警戒情報が発表されたことにより、本市議会の議長を本部長とする災害対策本部を設置した訓練を行いました。
 全議員を対象に安否確認と議会への参集を伝えるメールを送信し、議員は安否確認のメールを返信しました。また、タブレット端末を使用して自宅付近の写真の撮影を撮影し、メールに写真を添付し、本部宛にメール送信を行なった後、議会に集まりました。議会では、議員からメールにより送られた写真を地図情報に落とし、大型スクリーンにGPS機能を活用した撮影場所の位置情報や撮影した写真の投写を行い、一人ひとりの議員から説明を受けました。その後、タブレット端末によるテレビ電話を使用した現場との中継訓練を実施しました。

 防災訓練の様子は、下記のとおりです

おおたわら市議会防災訓練(492KB)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード