農地パトロール(農地利用状況調査)について

公開日 2019年07月26日

 農業委員会では、優良農地の確保・保全と遊休農地・違反転用等の発生を未然に防ぐため、毎年9月から10月にかけて農地パトロール(農地利用状況調査)を行っています。
 調査にあたり、農地内に立ち入る場合がありますが、ご理解とご協力をお願いします。

 遊休化した農地は、病害虫・鳥獣被害の発生、雑草の繁茂や枯草火災など、営農環境を悪化させるだけでなく、地域一帯の問題になることもあります。
 農地を自分で耕作することが難しく、貸し付けを検討される場合は、地元の農業委員や農地利用最適化推進委員に相談されるほか、農地中間管理機構への貸し付けについてもご検討ください。
 なお、2016年の税制改正により、農地中間管理機構に全ての農地を貸し付けた場合に固定資産税が軽減(最大5年間2分の1軽減)される一方、農地を放置して荒らしたままにすると1.8倍に上がる場合があります。

農地パトロール1 農地パトロール2
農地パトロールの様子

お問い合わせ

農業委員会事務局
住所:本町1-4-1 本庁舎4階
TEL:0287-23-8716
FAX:0287-23-8287