小中学校後利用事例について

公開日 2016年05月10日

 廃校となった大田原市立小中学校を民間事業者へ貸し出しを行った事例をご紹介します。

社会福祉法人エルム福祉会による旧蜂巣小学校の活用

 平成25年3月に廃校となった旧蜂巣小学校を、社会福祉法人エルム福祉会が利用し、障害者就労支援施設「hikari no cafe 蜂巣小珈琲店」を開設しました。

 本施設ではカフェの運営の他、イベントの開催やワークショップ等を行うことができるギャラリースペースが設けられています。 

店舗入口.JPG

hikarinocafe蜂巣小珈琲店内.JPG

社会福祉法人愛と光の会による旧黒羽中学校の活用

 平成22年3月に廃校となった旧黒羽中学校の一部を利用し、社会福祉法人愛と光の会が、「ふるさとセンター那須」として、障害のある方を対象とした就労支援事業所を運営します。

愛と光の会 ふるさとセンター那須開所式.JPG

お問い合わせ

政策推進課
政策推進係
住所:本町1-4-1 本庁舎6階
TEL:0287-23-8793
FAX:0287-23-8748