実質化された人・農地プランの公表

公開日 2021年03月30日

実質化された人・農地プランとは

 人・農地プランは平成24年に開始され、農業者が話合いに基づき、地域における中心的な農業者、農業の将来の在り方などを明確化し、市町村によって公表されるものです。ただし、市町村の中には「地域の話合いに基づく」ものとは言い難いものもありました。
 そこで、真に地域の話し合いに基づくものにする観点から、アンケート調査等を通して地図による現況把握を行い、話し合いに基づいて今後地域で農業を担う人(中心経営体)及び農地の集約化に関する将来方針を定め、意見を取りまとめたものが実質化された人・農地プランです。

実質化のステップ

 1.アンケートの実施

  対象地区の相当部分について、おおむね5年から10年後の農地利用に関するアンケート調査を行います。

 2.現況把握

  対象地区において、アンケート調査を通じて、農業者の年齢階層別の就農や後継者の確保の状況を地図により把握します。

 3.話合い(農地集約化の将来方針の作成)

  対象地区を原則として集落ごとに細分化し、5年から10年後に農地利用を担う中心経営体に関する方針を話し合いで決めます。

実質化された人・農地プランの公表

 大田原市では市内を41地区に分け、令和元年度から令和2年度にかけて実質化への取り組みを進めてきました。

 令和3年2月に大田原市人・農地プラン検討会を実施し、承認を得た24地区の実質化された人・農地プランについて、次のとおり公表します。

 なお、既に実質化されていると判断される17地区については既に実質化されていると判断できる既存の人・農地プランの地区の公表より御確認ください。

  • 24地区総括版

総括版 [PDF:9.53MB]

  • 大田原地区

東地区 [PDF:414KB]

北地区 [PDF:350KB]

西地区 [PDF:395KB]

  • 金田地区

鹿畑・倉骨・赤瀬・北大和久地区 [PDF:398KB]

  • 佐久山地区

佐久山地区 [PDF:400KB]

藤沢・琵琶池・大神南部地区 [PDF:418KB]

大神本田・福原地区 [PDF:434KB]

  • 湯津上地区

狭原・小船渡・中の原地区 [PDF:400KB]

湯津上地区 [PDF:386KB]

蛭田地区 [PDF:370KB]

  • 黒羽地区

黒羽田町・八塩・北滝地区 [PDF:414KB]

前田・堀之内地区 [PDF:418KB]

北野上地区 [PDF:416KB]

片田・亀久・矢倉地区 [PDF:396KB]

  • 川西地区

黒羽向町・大豆田・余瀬地区 [PDF:454KB]

寒井地区 [PDF:453KB]

  • 両郷地区

中野内地区 [PDF:418KB]

河原・両郷地区 [PDF:411KB]

寺宿・木佐美地区 [PDF:406KB]

大久保・久野又地区 [PDF:415KB]

大輪・川田地区 [PDF:441KB]

  • 須賀川地区

須佐木地区 [PDF:423KB]

須賀川地区 [PDF:429KB]

雲岩寺・川上・南方地区 [PDF:413KB]

関連ワード

お問い合わせ

農政課
住所:本町1-4-1 本庁舎4階
TEL:0287-23-8708
FAX:0287-23-1507

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード