令和2年9月 大田原市定例記者会見

公開日 2020年09月25日

情報提供案件

  1. 大田原市業務継続計画 新型コロナウイルス感染症対応編の策定について
  2. 福島県白河市との災害時における相互応援に関する協定の締結について

会見内容

令和2年9月 大田原市定例記者会見動画(youtube)外部サイトへのリンク

1 大田原市業務継続計画 新型コロナウイルス感染症対応編の策定について

 大田原市業務継続計画は、大規模な自然災害が発生した場合などの非常事態時において、災害対応に全庁を挙げて取り組むかたわら、市民生活を維持するために中断することができない通常業務について優先区分を付け、その執行体制の確保について定めた計画でありまして、本市では、令和2年1月に大規模災害に特化した「大田原市業務継続計画 大規模災害編」を策定いたしました。
新型コロナウイルス感染症の収束が未だにみえない状況のもと、職員が感染又は濃厚接触者となり、出勤者数が低下した場合に備えることが必要と判断し、市民の生命を守り、市民生活を維持するために中断することができない通常業務の中から、優先度や継続性の高い業務を特定するとともに応援職員の配置などを本計画で定めています。
また、厚生労働省から新型コロナウイルスを想定した、新しい生活様式の実践例にあります働き方の新しいスタイルや市庁舎等における感染予防についても記載をしております。
新型コロナウイルス感染症に関する状況は日々変化していることから、国からの情報収集に努め、県や近隣市町と情報を共有しながら、職員の感染防止対策を講じつつ、万が一の事態となった場合には、本計画に基づき迅速かつ柔軟に対応することとしております。

2 福島県白河市との災害時における相互応援に関する協定の締結について

 東日本大震災以降も全国各地で大きな災害が発生しておりますが、こうした大規模災害に対して迅速に対応できるよう、自治体間で協定を結ぶことにより安全安心のネットワークを構築することが重要と考え、これまで多くの自治体と災害時における相互応援協定を締結してまいりました。
このたび、令和元年5月に文化交流協定を締結している福島県白河市との協議が整い、相互応援協定を締結する運びとなりました。
協定書の調印式につきましては、9月30日(水)午後3時から大田原市役所6階602・603会議室において執り行います。
また、同日市内に2店舗を構える株式会社ヨークベニマルと災害時における生活物資の供給協力に関する協定を締結いたします。

(内容は情報政策課広報広聴係で一部編集しております。)

関連ワード

お問い合わせ

情報政策課
広報広聴係
住所:本町1-4-1 本庁舎6階
TEL:0287-23-8700
FAX:0287-23-8798