既に実質化されていると判断する人・農地プランの区域の公表

公開日 2020年02月22日

人・農地プランについて

 人・農地プランとは、平成24年度から国(農林水産省)がスタートした事業であり、高齢化や担い手不足といった地域農業の抱える危機が深刻化するなか、5年後、10年後の地域農業のあり方や中心となる経営体の将来展望などについて、地域や集落で話し合い、課題解決にむけた将来計画です。

既に実質化されていると判断される人・農地プランの区域について

既に実質化されていると判断される既存の人・農地プランの地域について、次のとおり公表します。

すでに実質化されていると判断する基準は以下のとおりです。

  1. 区域内の中⼼経営体の経営する面積と近い将来の農地の出し手からの貸付予定面積の合計が区域内の耕地面積の過半であること
  2. 近い将来の農地の出し手と受け手が特定されている地域

既存の人・農地プランであって既に実質化していると判断できる区域(大田原市)[PDF:77.8KB]

お問い合わせ

農政課
住所:本町1-4-1 本庁舎4階
TEL:0287-23-8708
FAX:0287-23-1507

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード