住民票などへ旧姓(旧氏)が併記できます

公開日 2019年10月09日

 令和元年11月5日から住民票に旧姓(旧氏)の併記を申出ることができます。

旧姓(旧氏)を記載した場合

 住民票、印鑑登録証明書、マイナンバーカード等に現在の氏と旧氏の両方が記載されます。
 また、旧姓(旧氏)での印鑑登録も可能になります。

旧姓(旧氏)が記載される利便性

 種々契約や銀行口座が旧姓(旧氏)のまま引き続き使えます。仕事の場面でも旧姓(旧氏)が使えるようになります。
(注意)使用できる場面は、各制度を所管する省庁や民間企業等の判断によります。

旧姓(旧氏)を併記するためには

 窓口に配置する所定の届出書を提出してください。初回は戸籍謄本等に記載されている氏の中から1つを選んで併記できます。

申請するためにお持ちいただくもの

  • 使用したい旧姓(旧氏)から現在の氏が記載されたすべての戸籍謄本等をご用意ください。
    ご提出いただいた戸籍謄本等は返却しません。
  • マイナンバーカードに旧姓(旧氏)を追記しますので必ずご持参ください。
  • マイナンバーカードをお持ちでない場合は通知カードをご持参ください。
  • 本人確認できる身分証明書をご提示お願いします。本人確認できる身分証明書とは免許証、パスポート、マイナンバーカード等です。写真付きの公的身分証明書がない場合は保険証、年金手帳、銀行通帳等の2点ご提示で身分確認させていただきます。
  • 代理人の方は法定代理人であることを証明できる書類、または委任状が必要になります。

旧姓(旧氏)の併記をやめることはできます

 申請により旧姓(旧氏)を削除することは可能です。窓口で所定の届出書を提出してください。再び併記を希望する場合は、氏が変更になった時に限り新たに生じた旧姓(旧氏)の中から1つを選ぶことにより可能です。

総務省のホームページ・パンフレットを併せてご覧ください。

総務省ホームページ住民票、マイナンバーカード等への旧氏の併記について外部サイトへのリンク

総務省パンフレット表面[PDF:918KB]
総務省パンフレット裏面[PDF:440KB]

お問い合わせ

市民課
住所:本町1-4-1 本庁舎2階
TEL:0287-23-8705
FAX:0287-22-8730

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード