那須野が原国際彫刻シンポジウムin大田原2009

公開日 2011年02月15日


作品名 コア・ヨロトゥル・シントゥリ(蛇と心臓)
作者名 ホルヘ・デ・サンティアゴ
設置場所 下石上公園
作者コメント
 スペイン時代のメキシコの遺産は、我々(メキシコ人)を蛇と心臓を基本原理とした独特の呪術世界へと誘う。その一例として、メキシコ神話に登場する、一匹の蛇の存在と心臓である。それは現世と、神への捧げ物としての心臓に代表される霊的な世界を表わすものがある。
 私は今回の作品を用いて、この二面性をいくつかの幾何学的な二つの要素を用いて表現することを試みた。またその中で、弧による形態の交差という構成を、いくつもの面の集合によって実現した。
 思いながら制作します。



作品名 お山の大将
作者名 青木 三四郎
設置場所 黒羽運動公園
作者コメント
 高い所に登って振り向くお山の大将は何を見ているのだろうか。
 後から登ってくる仲間に「早くおいで」と呼びかけているのだろうか、
 足もとに居る鳥に「こんにちは」と挨拶をしているのだろうか。
 それとも背中にまたがっている子供に「楽しいかい」と問いかけているのだろうか。

 明るい太陽の下、彫刻に触れながら無邪気に、元気に戯れる子供たちの様子を思いながら制作します。



作品名 如(にょ)
作者名 大成 哲
設置場所 那須野が原ハーモニーホール
作者コメント
 一滴の滴が落ちた様を、何かが終わった、無くなったものとし、あたかも水の波紋から突き出る一滴を何かが始まる、生まれるものとして表現しようと試みた。



作品名 夢の起こり
作者名 夏 愛華(シャ アイファ)
設置場所 両郷出張所
作者コメント
 私の作品は大きな人間の無意識の世界を具現化している。その世界のある部分を取り出し、作品を制作します。今回は夢の精霊のお話です。夢は、多くの人達が無意識の中でみるものです。その風景は、過去、現在、未来、様々な出来事が混ざり合い、もう1つの現実の世界を示してくれます。それは時に、危険な冒険にもなります。どんどんと世界の中に進むに連れて、その魔力のような風に惑わされたり、あるいは帰る道を見失ったり、そんな危険を超えながら前に進んでいきます。それは現実の世界と変わりのない事。私達は、毎日いかに裕福になり危険の少ない状況を目指そうとも、夢の中では古来、変わらず多くの危険があります。そしてこの夢の精霊は、そんな夢の世界へと誘ってくのです。

地図

設置場所

関連ワード

お問い合わせ

文化振興課
文化振興係
住所:本町1-4-1 本庁舎4階
TEL:0287-23-3129
FAX:0287-23-3138