迷子ペット情報

公開日 2022年09月28日

 

自分のペットが迷子になったら

 ここでは、犬を例に説明します。

 犬には帰巣本能がありますので、放っておいても帰ってくると思われがちですが、子犬の場合・老犬の場合・室内犬の場合・何らかのショックを受けた場合・知らないところまで行ってしまった場合など、自分で帰ってこられないケースが多々あります。

 さらに、野良犬や捨て犬と判断され捕獲され、殺処分されてしまう可能性もあります。
(市役所や警察署では、飼い主の特定されない保護ペットは、栃木県動物愛護指導センターに引き渡してしまいます。動物愛護指導センターではほとんどの場合1週間程度で殺処分することになります。)

 迷子になる前の対策として、まずは、鑑札や名札をひとめで分かる場所に、外れないようにつけておくことが大切ですが、もし、愛犬がいなくなってしまった場合は、以下の説明を参考に早急な捜索活動をすることをお薦めします。

 なお、これらの方法はあくまで参考であり、実際に捜索する場合は、それぞれの状況を見極め個人の判断により適切に行動されますようお願いいたします。

  • 栃木県動物愛護指導センター外部サイトへのリンク大田原市生活環境課大田原警察署に問い合わせてみましょう。
  • ポスターを作成し配布したり、人目につく場所に掲示させていただくことも効果的です。
  • ポスターを作成する場合は
    • タイトルは分かりやすく大きな文字で記入しましょう。
    • ペットの写真は大きく載せましょう。
    • ペットがいなくなった日時と場所を載せましょう。
    • ペットの特徴(名前・大きさ・毛色・首輪の有無や色・性格)を載せましょう。
    • 連絡先を載せましょう。(イタズラ電話が予想されるので掲載については慎重に判断されますようお願いいたします。)
  • ポスターを配る(掲示する)場合は
    • 近所に配ってみましょう。
    • 犬の散歩コース(公園や河川敷など)に出向き配ってみましょう。
    • 人目につく場所(スーパーマーケット・コンビニ・銀行・郵便局・交番など)に掲示させてもらいましょう。ただし、はがし忘れに注意しましょう。
  • 地方紙への掲載やポスターを新聞折込することも効果的だと思います。

迷子ペットを探している方へ

 ペットが迷子になると、そのまま野生化してしまったり、野良と間違われ殺処分されてしまうことが少なからずあります。

 大田原市では、迷子になってしまったペットの情報をホームページに掲載し、少しでも多くの迷子ペットを飼い主へ戻すお手伝いをしています。

投稿される方へお願い

 迷子のペットが見つかりましたら、その旨お知らせください。

 また、6か月経過後掲載を削除しますので、引き続き掲載したい場合は経過前にその旨ご連絡ください。

投稿方法

 Eメールに下記の内容を記載し、ペットの写真を添付して送信してください。

  • 投稿者名(ハンドルネーム・匿名希望も可)
  • 連絡先(電話番号、Eメールアドレスなど)
  • ペットが居なくなった日時と場所
  • ペットの種類
  • ペットの名前
  • ペットの特徴(大きさ・毛色・性格など個体を判別するための情報)
  • 首輪の有無

投稿先

seikatsu@city.ohtawara.tochigi.jp

 

お問い合わせ

生活環境課
生活交通係
住所:本町1-4-1 本庁舎2階
TEL:0287-23-8832
FAX:0287-23-8923