水道に加入しましょう

2017年5月25日

安全・安心・おいしい水道水をご利用ください。

水道加入のメリット

きびしい水質検査を行っている安全でおいしい大田原の水道水を24時間安定して利用できます。

停電時もしばらくの間利用できます。

おいしい水道水の条件

昭和59年に当時の厚生省(現:厚生労働省)は「おいしい水研究会」を設置し、水に含まれる成分から「おいしい水」の条件を示しました。

おいしい水の条件と大田原市における水質検査結果は以下のとおりです。

項目おいしい水の指標値平成28年度の検査結果値の平均説明
蒸発残留物 30200mg/L 103mg/L
こくのあるまろやかな味
主にミネラルの含有量を示し、量が多いと苦味・渋味が増し、適度に含まれるとこくのあるまろやかな味がする。
硬度 10100mg/L 42mg/L
軟水
カルシウム、マグネシウムの含有量を示し、硬度の低い水はくせがなく、高いと好き嫌いがでる。
遊離炭酸 330mg/L 6.9mg/L
さわやかな味
溶け込んでいる炭酸ガスの量を表す。水にさわやかな味を与えるが、多いと刺激が強くなる。
過マンガン酸カリウム消費量 3mg/L以下 0.3mg/L
渋みが少ない
有機物量を示し、多量に含むと塩素の消費量に影響し、渋味がつくなど水の味を損なう。
(注)過マンガン酸カリウム消費量は現在の基準項目にないため有機物(TOC)の値を記載
臭気強度 3以下 1未満
においが少ない
においの強さを表し、水ににおいがついていると不快な感じがする。
残留塩素 0.4mg/L以下 0.3mg/L
適度な消毒
濃度が高いとカルキ臭を強く感じる。
水温 20℃以下 16.9℃
最適な温度
夏に水温が高くなると、おいしくないと感じられる。冷やすことでカルキ臭が気にならなくなるため、水をおいしく飲める。

 

水道本管が整備された地区の方へ

まだ加入されていない方は安心して利用できる水道に加入しましょう。

新たに水道を引き込む場合は、市の指定給水工事事業者にご相談ください。

お問い合わせ

水道課
電話:0287-23-8713