【ひとり親世帯対象】低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金を支給します

公開日 2021年05月19日

 新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、低所得のひとり親子育て世帯に対し、その実情を踏まえた生活の支援を行う観点から、子育て世帯生活支援特別給付金を支給します。 

給付額

 児童1名あたり、一律5万円

支給対象者

 18歳に達する日以後の最初の3月31日まで(児童に法令で定める程度の障がいのある場合は20歳未満)の児童を監護等しているひとり親等(母、父または養育者)で、次の1から3までのいずれかに該当するひとり親世帯の方に給付金を支給します。

1 児童扶養手当受給者(令和3年4月分の児童扶養手当の支給を受けている方)

  • 申請不要です。給付金は、令和3年5月11日(火曜日)に支給済みです。

2 公的年金給付等受給者(申請必要)

 公的年金等を受給していることにより、令和3年4月分の児童扶養手当の支給を受けていない方で、令和元年中の収入が児童扶養手当の収入基準額を下回っている方。(「公的年金等」には、遺族年金、障害年金、労災年金、遺族補償などが該当します。) 

手続きに必要な書類等

・本人確認書類の写し(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード等の写し)

・受取口座を確認できる書類の写し(通帳、キャッシュカードの写し)

・申請者と児童の戸籍謄本(本市において児童扶養手当・ひとり親家庭医療費助成の認定を受けている場合は不要)

・令和元年中の年金受給額がわかる書類(年金決定通知書、年金額改定通知書、年金振込通知書)

※同住所地に扶養義務者がいる場合は、扶養義務者それぞれの令和元年中の収入額の申立書の提出が必要となります。

3 家計急変者(申請必要)

 令和3年4月分の児童扶養手当の支給は受けていないが、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方。

手続きに必要な書類等

・本人確認書類の写し(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード等の写し)

・受取口座を確認できる書類の写し(通帳、キャッシュカードの写し)

・申請者と児童の戸籍謄本(本市において児童扶養手当・ひとり親家庭医療費助成の認定を受けている場合は不要)

・本人(及び扶養義務者)の収入が減少した月の収入額を証明する書類(給与明細書、給与振込通帳、帳簿等)

※令和2年2月以降の任意の1カ月分の収入がわかるものをお持ちください。(可能な限り申請月に近接した月のもの)

※同住所地に扶養義務者がいる場合は、扶養義務者それぞれの収入を証明する書類も必要となります。

※収入による判定ではなく、所得による判定を希望する場合は、必要経費が確認できる書類もあわせてお持ちください。

申請受付期間及び手当の支給時期

 申請受付期間 令和3年5月6日から令和4年2月28日まで

 申請受付後、審査・決定を行い、申請翌月の25日に支給します。(25日が休日の場合はその前日の平日に支給)

注意事項

  • 本給付金の支給後に、婚姻や事実婚等で支給対象者の要件に該当しないことが判明した場合や、偽りその他不正の手段により本給付金を受給した場合は、支給した給付金を返還していただきます。

  • 本給付金の支給にあたり、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などのお振込みを求めることは絶対にありませんので、本件を装った特殊詐欺にご注意ください。

制度に関するお問い合わせ

厚生労働省コールセンター
TEL:0120-400-903 (受付時間 平日午前9時から午後6時まで)

お問い合わせ

子ども幸福課
給付係
住所:本町1-4-1 本庁舎3階
TEL:0287-23-8932
FAX:0287-23-7632