【水田農業緊急情報】令和3年産米における需要に応じた生産対応のお願い

公開日 2021年02月08日

 令和3年産度水稲生産実施計画書兼営農計画書の記入にあたっては、主食用米から非主食用米や露地野菜への転換をご検討ください。

 大田原市農業再生協議会では令和3年2月1日から2月5日にかけて、各地区の代表推進委員を通じて農業経営者の皆様に令和3年度水稲生産実施計画書(営農計画書)、作付参考値配分通知書を配布したところでございます。

 皆様には令和3年度に生産する作物を記入した営農計画書をご提出いただきますが、現在全国的に米の需要量が下がっていることと、米の作付面積がほぼ減少していないことから、令和3年産米については米価が大幅に下落する恐れがございます

 この状況を鑑み、令和3年1月に栃木県農業再生協議会から水田緊急情報が発出されました。飼料用米等の非主食用米や麦・大豆、露地野菜への作付転換が推奨されております。

 水田で取り組みやすい転換作物として挙げられている飼料用米については令和3年度の助成措置が拡充されており、各種補助事業と組み合わせることで主食用米と同等以上の所得確保を見込むことも可能となっております。 

緊急水田農業情報_栃木県版_チラシ_表面[PDF:312KB]
緊急水田農業情報_栃木県版_チラシ_裏面[PDF:699KB]

 大田原市農業経営者の皆様におかれましては、令和3年度営農計画書の記入に際しては緊急水田情報と各自の作付参考値をご確認いただき、主食用米から非主食用米、麦・大豆等の畑作物、露地野菜等への転換をご検討いただけますようよろしくお願いいたします

お問い合わせ先

大田原市農業再生協議会
TEL:0287-23-4921

お問い合わせ

農政課
住所:本町1-4-1 本庁舎4階
TEL:0287-23-8708
FAX:0287-23-1507

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード