【11月25日から】警戒度レベル「感染厳重注意」における対応の概要

公開日 2020年12月03日

 新型コロナウイルス感染症における県内の状況は、新規感染者が急増しており、感染経路不明のケースが半数程度あること、また、病床・重症病床の稼働率が増加傾向にあり、より強い注意が必要な状況であることから、警戒度レベルは上から2番目の「感染厳重注意」となっています。
 なお、本県の新規感染者数に係る警戒度基準は、早めに警告を行う観点から、国分科会が8月に示した目安より厳しく設定しているところであり、本県の現状について、国の「ステージ3」に相当するものではありません。

 警戒度レベルが「感染厳重注意」のなか、感染拡大防止と社会経済活動の両立を図るため、次のことについて協力をお願いします。

区域

栃木県全域

期間

令和2年11月25日(水曜日)から12月31日(木曜日) (ただし、終期は予定。状況を見て判断。)

実施内容

感染拡大防止と社会経済活動の両立を図るため、次のとおり協力を要請します。

県民に対する協力要請(特措法第24条第9項)

  • マスクの着用、換気の徹底をはじめ、「3つの密」の回避や手洗いなど、基本的な感染防止対策の徹底を要請します。
  • 感染リスクが高まる「5つの場面」外部サイトへのリンクでの注意を要請します。
    1.飲酒を伴う懇親会等
    2.大人数や長時間におよぶ飲食
    3.マスクなしでの会話
    4.狭い空間での共同生活
    5.居場所の切り替わり
  • 体調が悪い場合は、仕事は休み、旅行や外出を控えるよう要請します。
  • 施設に応じた感染防止対策の徹底が行われていない場所への外出を避けるよう要請します。
    (感染防止対策の取組状況を、「新型コロナ感染防止対策取組宣言」ステッカーの有無で確認できます。)
  • ハイリスク者(高齢者、基礎疾患を有する方)は上記取組を特に徹底することを要請します。

事業者に対する協力要請(特措法第24条第9項)

催物(イベント等)の開催に関する協力依頼 (12月1日から2月28日まで)

以下の1,2を満たした場合に、人数上限等を緩和した催物(イベント等)の開催を可とします。

  1. 全イベントにおいて「イベント開催時の必要な感染防止策(P.2,3)外部サイトへのリンク」を、主催者等が徹底するとともに、参加者も十分理解すること。
  2. 各イベントの類型ごとに定められた要件等を満たすこと。

参加者の皆様

主催者、施設管理者の皆様

(参考)従来の人数上限等

上記、1・2を満たせない場合は、従来の人数上限とする。

※従来の人数上限で催物を行う場合も「イベント開催時の必要な感染防止策(P.2,3)外部サイトへのリンク」の「(2)基本的な感染防止等」及び「(3)イベントの開催の共通の前提」の徹底を行うこと。

詳細につきましては、栃木県ホームページ外部サイトへのリンク(外部サイトへリンク)をご覧ください。

参考リンク

お問い合わせ

健康政策課
健康政策係(予防接種・感染症)
住所:本町1-4-1 本庁舎3階
TEL:0287-23-8975
FAX:0287-23-7632

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード