令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金を支給します(10万円一括支給)

公開日 2021年12月15日

令和3年11月19日に閣議決定された「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」において、0歳から18歳までの子どもたちに、一人当たり給付金10万円を支給することとされました。

大田原市では「支給対象児童1人当たり10万円を一括支給」となります。

 

申請手続きが不要な方(支給済)

  • 令和3年9月分の児童手当(本則給付)を受給している方
  • 令和3年9月、10月、11月に出生した児童を養育し、すでに大田原市に児童手当の認定請求を行った方(公務員の方を除く)

は、申請手続きは不要です。

対象となる方には、令和3年12月8日(水曜日)に案内通知を発送しました。

また、令和3年11月までに出生した児童を養育し、すでに大田原市に児童手当の認定請求を行っている方についても、12月9日(木曜日)に通知を発送しております。

また、本通知が届いた方は、児童手当の支給対象となっていない高校生等(平成15年4月2日から平成18年4月1日生まれまでの児童)についても申請は必要ありません。

支給日

令和3年12月24日(金曜日)

申請が必要となる方

  • 令和3年9月30日時点で市内に居住する高校生等(平成15年4月2日から平成18年4月1日生まれ)の児童の保護者で、所得が児童手当(本則給付)と同等未満である方
  • 所属庁から児童手当(本則給付)を受給している公務員
  • 令和3年12月1日以降令和4年3月31日までに生まれた児童手当(本則給付)支給対象児童(新生児)の保護者

支給対象となる新生児の保護者様の申請は、出生届提出時に子ども幸福課窓口でご案内いたします。

児童手当の所得制限限度額は、ページ下部に掲載していますのでご参照ください。

(注意)高校生等のみを養育し、児童扶養手当を受給している方は、申請手続きは不要です。支給日等について記載した通知を、令和3年12月24日付で発送しておりますのでご確認ください。

(注意)公務員受給者の方で、大田原市職員、那須地区広域消防組合、栃木県職員(県警・教職を含む)の方は、原則は申請不要となりますが、高校生等(要件児童)や新生児がいる場合は、申請が必要となる可能性があります。詳細を記載した通知を、令和3年12月24日付で発送しておりますのでご確認ください。

申請窓口

令和4年1月4日から、大田原市役所本庁舎3階に本給付金専用受付窓口を設置します。

支給時期

申請した月の翌月25日に、指定口座に振り込みます。(25日が土日祝日の場合は、前の平日に振り込みます。)

申請期間

令和4年1月4日(火曜日)から令和4年3月31日(木曜日)まで

申請期間外は、やむを得ない場合を除き原則申請書の受付はしていませんのでご理解ください。

申請書の様式

様式第3号(高校生等)[PDF:140KB]

様式第4号(新生児)[PDF:133KB]

上記の申請書をダウンロードし、記入の上ご提出ください。ご自宅に届いた申請書をご記入いただいても問題ありません。

専用窓口は混雑が予想されますので、あらかじめ記入をしてからお越しください。記入済みの申請書を投函できるポストもご用意しています。

郵送手続きも可能です。郵送でご提出の場合は、送料は自己負担となります。(消印有効)

審査の結果、不備等がある場合は返送いたしますのでご了承ください。

添付書類

対象となる方 必要となる添付書類等
申請者全員 振込口座のわかるものの写し(キャッシュカード・通帳等)
申請者全員 申請者の本人確認書類の写し(運転免許証等)

令和3年1月1日以降に

大田原市へ転入した方

令和3年度課税証明書

(注意)令和3年1月1日以降に大田原市に転入した配偶者がいる場合は、

配偶者のものも必要となります。

市外在住の支給対象児童

を養育している方

該当する児童の住民票
公務員の方

児童手当を受給していることがわかる書類(受給証明書・令和3年10月分の給与明細等)

または公務員受給者の健康保険証

児童手当所得制限限度額

扶養親族等の数 所得制限限度額(万円) 収入額の目安(万円)
0人 622 833
1人 660 875
2人 698 917
3人 736 960
4人 774 1002
5人 812 1042

(注意)

  • 令和2年中の所得で審査を行います。
  • 扶養人数は、税法上の扶養人数です。(健康保険証の扶養とは異なります。)
  • 扶養人数が5人を超える場合、1人につき38万円を加算した額となります。

 

お問い合わせ

子ども幸福課
給付係
住所:本町1-4-1 本庁舎3階
TEL:0287-23-8932
FAX:0287-23-7632

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード