大田原市開発行為等指導要綱の改正(令和2年4月1日から適用)

公開日 2020年02月12日

 人口減少時代を迎え、魅力ある、また安全なまちづくりが求められています。今回の改正は、分譲地内の地縁組織化を進め、施設管理の維持を目的としつつ、街のクリーンアップや防犯性、魅力の向上を図ることを目的としています。
 また、コンパクトな街づくりが求められ、健康で快適な生活と持続可能な都市経営の確保のため、市は立地適正化計画策定しました。
 開発許可行政においては、土地の有効利用を図りつつ、快適な住環境を維持していくため、大田原市開発行為等指導要綱を改正します。

改正のポイント

  • 宅地分譲を目的とする開発行為において地下式浸透施設の設置基準を追加
  • 雨水浸透施設等に関する管理報告の手続きを追加
  • 災害危険区域等に関する規定の改正
  • 公園等の設置、周辺道路、緩衝帯設置要件の緩和

添付資料

施行日

令和2年4月1日 施行

お問い合わせ

都市計画課
住所:本町1-4-1 本庁舎5階
TEL:0287-23-8711
FAX:0287-22-8732

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード