なす風土記の丘第27回特別展「那須の古代窯業 瓦・須恵器の生産と流通」(9月14日から11月17日まで)

公開日 2019年09月11日

 

特別展チラシ[PDF:1.33MB]

会期

 令和元年9月14日(土曜日)から11月17日(日曜日)まで

内容

 渡来人によって伝えられた新しい「窯業」の技術は、登り窯でつくられる硬質なやきものを日本にもたらしました。
 古代の窯によって焼かれるものは、食器である須恵器と寺院や役所に使われる瓦が主でした。
 古墳時代には貯蔵や供膳のための食器として使われた須恵器は、奈良・平安時代には集落でも使われるようになりました。
 那須地域では、栃木県内でも最古の段階の瓦が発見されており、那須官衙遺跡では瓦葺の正倉が確認されるなど瓦も多く見つかっています。
 このようなやきものが、那須のどのような場所で生産され、どのような地域に流通していったのか、遺跡から出土した資料からたどっていきます。

 (本展示会は、八溝山周辺地域定住自立圏事業の一環として、那珂川町なす風土記の丘資料館と共催するものです。)

関連行事

記念シンポジウム

  • 日時 11月2日(土曜日)午前9時30分から午後3時30分まで
  • 会場 那珂川町ふるさと館(那珂川町なす風土記の丘資料館に隣接。那珂川町小川3796)
  • 定員 80名
  • 講師
    • 酒井清治氏(駒澤大学文学部教授)
    • 山口耕一氏(下野市教育委員会)
    • 清地良太氏(宇都宮市教育委員会)

史跡見学会

  • 日時 9月28日(土曜日)午前8時から午後6時まで
  • 行先 埼玉県鳩山町方面
  • 定員 35名(要予約)
  • 参加費 実費
  • 申込 那珂川町なす風土記の丘資料館(0287-96-3366)

史跡ウォーク

  • 日時 10月19日(土曜日)午前9時から午後3時まで
  • 行先 那珂川町・那須烏山市周辺
  • 定員 30名(要予約)
  • 参加費 実費
  • 申込 那珂川町なす風土記の丘資料館(0287-96-3366)

展示解説

  • 日時 9月15日(日曜日)、10月12日(土曜日)、11月16日(土曜日)、時間はいずれも午後1時30分から
  • 会場 大田原市なす風土記の丘湯津上資料館(終了後、那珂川町なす風土記の丘資料館へ移動)
  • 申込 不要

会場

第一会場 大田原市なす風土記の丘湯津上資料館 (大田原市湯津上192)

第二会場 那珂川町なす風土記の丘資料館外部サイトへのリンク (那珂川町小川3789)

利用案内

休館日

第一会場 月曜日(月曜日が祝日の場合は、その次の平日が休館)

第二会場 月曜日(祝日は開館)、祝日の翌日

開館時間

午前9時から午後5時まで

入館料

両会場とも

  • 一般 100円(団体80円)
  • 高校・大学生 50円(団体40円)
  • 中学生以下 無料

(注意)団体料金は20名以上

地図

大田原市なす風土記の丘湯津上資料館

関連ワード

お問い合わせ

文化振興課
なす風土記の丘湯津上資料館
住所:湯津上192
TEL:0287-98-3322
FAX:0287-98-3323

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード