手足口病が流行しています

公開日 2022年08月26日

 現在、県北地域では手足口病が流行しています。

 栃木県が実施する感染症発生動向調査によると、8月に入ってからの手足口病の報告数は警報レベルを超えており、8月15日から7日の間における手足口病の定点報告数は3.3件となっています。これは、定点報告の対象となる1か所の医療機関あたり、1週間で平均3.3人が手足口病で受診したことを意味しており、警報終息基準を未だ超えていますので注意が必要です。

症状

 手・足・口の中に水疱性の発疹ができ、時にかゆみ、発熱を伴う場合もあります。

 ごくまれに髄膜炎や脳炎などを合併することもあります。

 お子さんを中心に流行がみられます。

感染経路

 飛沫感染、経口・接触感染

予防方法

 手洗いを励行してください。

 咳エチケットを心がけてください。

 タオル・ハンカチの貸し借りは避けてください。

 看病する人以外は、患者との密接な接触は避けてください。

参考リンク

 栃木県ホームページ外部サイトへのリンク(外部サイト)

 国立感染症研究所ホームページ外部サイトへのリンク(外部サイト)

お問い合わせ

健康政策課
健康政策係(予防接種・感染症)
住所:本町1-4-1 本庁舎3階
TEL:0287-23-8975
FAX:0287-23-7632