大田原市開発行為等指導要綱の改正について(平成31年4月1日から適用)

公開日 2019年03月29日

改正内容

完了届の提出時に、工事記録写真・竣工図に加えて、当該開発行為等に係る図面を電子媒体に収めて添付していただきます。

(完了届)第14

浸透施設による雨水処理の容認条件を次のとおり明確化いたします。

  • 用途地域内の宅地分譲目的の開発行為であること
  • 造成行為であること

別記基準第1(第9条関係) 19浸透施設の設置

開発区域内の関係権利者による施行同意書様式を設けます。

これまで要綱に基づく事前協議であっても、都市計画法に基づく開発許可事務の施行同意書の様式を準用していましたが、要綱独自の様式を準備する必要が生じてきたためです。

(技術的指導基準等)第9条第2項、別記基準第1(第9条関係) 29関係権利者の同意、様式第5号(第9条関係)

区域内道路の路盤構造について、下層路盤工の厚さを35cmに変更します。

別記基準第1(第9条関係) 12道路の構造 (別図)

施行日

平成31(2019)年4月1日 施行

参照資料等

大田原市開発行為等指導要綱(平成31年4月1日以降)(580KB)

様式集ー大田原市開発行為等指導要綱(平成31年4月1日以降)(26KB)

お問い合わせ

都市計画課
住所:本町1-4-1 本庁舎5階
TEL:0287-23-8711
FAX:0287-22-8732

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード