こころの健康を保つために

公開日 2020年12月28日

新型コロナウイルス感染拡大で、外出を自粛する動きが広がる中、人とのコミュニケーションが不足し、孤独感やストレスを感じる人が出てきます。
これまで当たり前だった日常生活の変化に伴い、心身ともにストレスを受けています。
イライラし腹を立てたり、怒りや不安を感じたり、落ち着きが奪われたり、恐怖が強まることもあります。

感染がどんどん広がり、先が見えず、日常生活に変化を伴うことを考えれば、不安を感じることは、とても自然な感情です。
では、こころの健康を保つために、どのようなことに気を付けたら良いのでしょう。

1.生活リズムを保ちましょう

 ●同じ時刻に起きましょう。 

 ●一定時間を屋外で過ごしましょう。

 (お昼近くよりは、午前中の早い時間帯が望ましいでしょう。)

 ●外に出られないとしても、窓際で過ごしましょう。

  日の光を浴びながら、心の落ち着ける時間を持ちましょう。

 ●運動をしましょう。

 ●食事をしましょう。

  食事の時間になっても、食べたくないときもあるかもしれませんが、

  少量でも良いので何か口にしましょう。

 ●人と交流を持ちましょう。

 ●日中の昼寝(特に午後遅く)は避けましょう。

  昼寝は夜の深い睡眠を妨げます。

 ●夜間に明るい光(特にブルーライト)を浴びるのは避けましょう。  

 ●自分自身にあった起床と就寝の時間を決め、同じ時間に床につき、同じ時間に起きましょう。

 ※「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的大流行下における、こころの健康維持のコツ」より

   引用し市で編集しております。

 

2.コミュニケーションを保ちましょう

 人との交流は、たとえ社会的距離確保の期間中であっても大切です。

 ●電話、ビデオ通話などで、つながりを維持しましょう。

 ●LINEのような文章だけの会話であっても、リアルタイムにメッセージが行き交うものであれば大丈夫です。

 ●リアルタイムに考えや気持ちを分かち合いましょう。

 

3.情報と適切な距離を取りましょう

 ●不安をあおるようなソーシャルメディア(SNS)とはできるだけ距離をとりましょう。

  政府や地方自治体、信頼できる専門家などの情報に目を向けましょう。

 ●できれば決まった頻度で1日に1~2回、決まったホームページを見るなどして、

  最新の情報をチェックしておきましょう。

  正しい情報を得ることは、不安を減らすことにも役立ちます。

 ※WHO(世界保健機関)「こころの健康を守るためのアドバイス」より市で編集しています。

 

新型コロナウイルス感染症関連SNS心の相談

■SNS心の相談について

 新型コロナウイルス感染症の影響による心の悩みについて、チャット形式で相談を受け付けております。

 <受付時間> 平日(18時から21時30分)

        土日祝日(14時から21時30分)

 SNS心の相談はこちら外部サイトへのリンクから

 

■こころの相談@とちぎ

 栃木県における新型コロナウイルス感染症に係る県民の皆さまへの心のケアに資するため、SNS(LINE)を活用した相談を受け付けております。

 SNS相談「こころの相談@とちぎ外部サイトへのリンク

 

こころつなげる相談窓口一覧表

 ひとりで悩まずに、まずは電話してください。

こころつなぐ相談窓口一覧表[PDF:854KB]

 

こころの健康をチェックしてみましょう!

こころの体温計とは

「こころの体温計」とは、ストレス度や落ち込み度等をゲーム感覚で自己診断できるシステムです。
お手持ちのパソコン、携帯電話、スマートフォンで簡単に行うことができますので、自分のこころの健康状態を客観的に把握してみませんか。

使用方法

パソコンから

「こころの体温計」はこちらから外部サイトへのリンク(リンク先:株式会社エフ・ビー・アイ)

携帯電話・スマートフォンから

こちらのQRコードを読み取ってください。(リンク先:株式会社エフ・ビー・アイ)

   こころの体温計ハート .jpg

種類

今までの5つのモードに加え、

新しく、楽観主義「こころのエンジン」と、「睡眠障害を確認するチェックリスト」を

ご利用いただけるようになりました。

どうぞ、心の健康をチェックしてください。

  1. 本人モード
  2. 赤ちゃんママモード
  3. 家族モード
  4. アルコールチェックモード
  5. ストレス対処タイプテスト
  6. (NEW)こころのエンジン
  7. (NEW)睡眠障害チェック

例:本人モード

レベルキャラクター.png

本人モードの場合、画面の指示に従って質問に回答すると、金魚が泳ぐ水槽の絵が表示されます。
ストレス度や落ち込み度によって水槽の様子が変化しますので、その変化で自分のこころの健康状態を把握してください。

その他

  • このシステムは無料で使用できますが、通信料はご負担ください。 
  • 「こころの体温計」はあくまでも自己診断のためのシステムです。医学的診断をするものではありませんので、何か不調を感じたらお早めに専門機関にご相談ください。
  • 大田原市では、専門のカウンセラーによる、心の健幸相談室(事前予約制)を実施していますので、心配事がありましたら、一人で悩まずにお気軽にご相談ください。
  • チェック開始前に、お住まい、性別、年齢をお尋ねしますが、あくまでも統計的データとして使用しますので、個人情報は一切取得しません。

お問い合わせ

健康政策課
健康政策係
住所:本町1-4-1 本庁舎3階
TEL:0287-23-8704
FAX:0287-23-7632

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード