なす風土記の丘第26回特別展「那須のくろがね 集落の開発と鉄生産」

2018年9月21日

 

チラシ表面チラシ裏面

 

特別展チラシ(1MB)

会期

 平成30年9月15日(土曜日)から11月18日(日曜日)まで

内容

 私たちの一番身近な金属である鉄。
 古代、日本に大陸から鉄の生産や加工の技術が伝わってきたことで、人々の生活に大きな変化をもたらしました。
 那須では、古代から多種多様な鉄製品のほか、鉄づくりを行った痕跡が見られます。地域で活発に行われた鉄の生産・加工は、人々にどのような影響を与え、官衙(かんが)や集落と関係していたのでしょうか。
 今回の展示では、県内だけでなく、県外の遺跡と比較しながら、古代那須地域での鉄づくりと、官衙との関係や集落への広がりについて迫っていきます。
 (本展示会は、八溝山周辺地域定住自立圏事業の一環として、那珂川町なす風土記の丘資料館と共催するものです。)

関連行事

記念シンポジウム

  • 日時 10月21日(日曜日)午前9時30分から午後3時30分まで
  • 会場 那珂川町ふるさと館(那珂川町なす風土記の丘資料館に隣接。那珂川町小川3796)
  • 定員 80名
  • 講師
    • 穴澤義功氏(たたら研究会委員・製鉄遺跡研究会代表)
    • 津野仁氏(公益財団法人とちぎ未来づくり財団埋蔵文化財センター)
    • 鏑木理広氏(那珂川町なす風土記の丘資料館長)

史跡見学会

  • 日時 9月30日(日曜日)午前8時から午後6時まで
  • 行先 群馬県方面
  • 定員 35名(要予約)
  • 参加費 実費
  • 申込 那珂川町なす風土記の丘資料館(0287-96-3366)

史跡ウォーク

  • 日時 11月3日(土曜日)午前9時から午後3時まで
  • 行先 那須烏山市・那珂川町周辺
  • 定員 30名(要予約)
  • 参加費 実費
  • 申込 那珂川町なす風土記の丘資料館(0287-96-3366)

展示解説

  • 日時 9月16日(日曜日)、10月13日(土曜日)、11月18日(日曜日)、時間はいずれも午後1時30分から
  • 会場 大田原市なす風土記の丘湯津上資料館(終了後、那珂川町なす風土記の丘資料館へ移動)
  • 申込 不要

会場

第一会場 大田原市なす風土記の丘湯津上資料館 (大田原市湯津上192)

第二会場 那珂川町なす風土記の丘資料館 (那珂川町小川3789)

利用案内

休館日

第一会場 月曜日(月曜日が祝日の場合は、その次の平日が休館)

第二会場 月曜日(祝日は開館)、祝日の翌日

開館時間

午前9時から午後5時まで

入館料

両会場とも

  • 一般 100円(団体80円)
  • 高校・大学生 50円(団体40円)
  • 中学生以下 無料

(注意)団体料金は20名以上

地図

大田原市なす風土記の丘湯津上資料館

関連ワード

お問い合わせ

文化振興課
なす風土記の丘湯津上資料館
電話:0287-98-3322
ファクシミリ:0287-98-3323