刀 銘 野州住道賛作之 (かたな めい やしゅうじゅうみちよしこれをつくる) 県指定有形文化財(工芸品)

2017年6月20日
  • 指定年月日 昭和56年7月31日
  • 所在地 大田原市内
  • 所有者 個人
  • 員数 1口
  • 長さ 63.4センチメートル
  • 反り 1.5センチメートル
  • 目釘穴 1個

 この刀工は俗名を田代子之吉と称し、明治22年12月31日出生し、農機具・刀鍛冶を業としたが別に師伝はありません。初期銘道山、後道賛に改めました。昭和18年に陸軍受命刀匠、昭和37年9月7日73才にて死亡。作柄は板目鍛えで、刃文はやや逆がかった互(ぐ)の目乱れを焼いています。銘之は太刀銘にいれているのが特徴です。軍刀のためか、技術はよく、刃味を賞讃され、表彰をうけたこともあるといいます。数少ない栃木県出身刀工の一人です。

 

刀 銘 野州住道賛作之

お問い合わせ

文化振興課
文化財係
電話:0287-98-3768
ファクシミリ:0287-98-7124