太刀 銘 吉房 (たち めい よしふさ) 国(旧法)認定重要美術品(工芸品)

2017年6月20日
  • 認定年月日 昭和11年9月12日
  • 所在地 大田原市内
  • 所有者 個人
  • 員数 1口
  • 製作年代 鎌倉時代
  • 長さ 69.2センチメートル
  • 反り 2.4センチメートル
  • 目釘穴 2個

 吉房(よしふさ)は、鎌倉中期における備前(岡山県)の福岡一文字派の代表工です。

 時代は宝治(1247年から1248年)のころといわれています。幅があり、元と末(すえ)の幅の差が少なく、切先(きっさき)は少し猪首(いくび)となります。杢目鎬地(もくめしのぎじ)より地刃(じは)へかけて美しく流れ、刃文(はもん)は足の深い丁字(ちょうじ)乱れで、匂いが深く、刃の中は賑やかに匂足(においあし)が入り、葉(は)があって働きは見事であり、地(じ)には乱れが映り立ち、鋩子(ぼうし)の刃はゆるやかに乱れ込んで少し返ります。この時代の一文字派の特色を顕著に表しています。

 銘の字は少し小振りの方で、2字に吉房(よしふさ)と古雅(こが)な銘があります。本刀には、葵紋(あおいもん)を散らした糸巻太刀拵(こしら)えが附属しています。

 

tachimeiyoshifusa.JPG

お問い合わせ

文化振興課
文化財係
電話:0287-98-3768
ファクシミリ:0287-98-7124