大田原市ファイリングシステム導入支援事業業務委託プロポーザルについて

2017年5月29日

大田原市ファイリングシステム導入支援事業プロポーザルの手続きを開始しました

 市では平成31年1月の新庁舎開庁に合わせて、文書管理事務の効率化及び質を向上させ、情報の共有化、情報のスリム化、情報検索の迅速化を目的にファイリングシステムを導入することになりました。ファイリングシステムとは、文書を簿冊ではなく個別フォルダーに挟んで管理する方式のことです。導入に当たっては、高度な専門技術に加え、業務遂行のノウハウ等を適切に判断する必要があることから、大田原市プロポーザル実施要綱に基づくプロポーザル方式(指名型)により行うこととしましたので、お知らせいたします。

  1. 業務名 大田原市ファイリングシステム導入事業業務委託
  2. 履行機関 契約締結日から平成31年3月25日まで
  3. 業務内容 「大田原市ファイリングシステム導入支援事業業務委託仕様書」のとおり
  4. 主な日程
        4月上旬 第1回審査会(指名業者選定)
           中旬 指名業者のプロポーザル参加意思確認期限
        5月上旬 企画提案書提出期限
           中旬 プレゼンテーション、ヒアリング(契約候補者決定)
           下旬 見積合わせ
        6月上旬 契約締結
  5. 契約方法 上記日程に従い、大田原市ファイリングシステム導入支援事業業務委託プロポーザル審査会による審査を行い、受託業者を決定します。

第1回 プロポーザル審査会を開催しました

 4月4日(火曜日) 第1回 プロポーザル審査会を開催し、過去5年間で、全国の自治体において複数のファイリングシステム導入実績がある業者4社を選定しました。今後は、同4社からプロポーザルへの参加意思を確認し、参加意向を示した業者から企画提案書を受け付けることになります。

指名業者からの質問に対する回答を掲載しました。

 仕様書等に対する指名業者からの質問に対して、次のとおり回答しました。(4月20日)

  回答書(382KB)

プロポーザルの手続きを中止しました

 本プロポーザルについては、4月上旬から業者選定の手続きを進めてまいりましたが、当該手続きにおいて公正性を欠き、適正でないと判断する事務の誤りが生じましたことから、選定の手続きを一度中止することとなりました。

 つきましては、本プロポーザルの実施について再度検討をしまして、実施方針が決定しましたら、ホームページでお知らせさせていただきます。

お問い合わせ

総務課
電話:0287-23-1111