大田原市総合計画「おおたわら国造りプラン」

2017年4月11日

大田原市では、市民の皆様と行政が互いに知恵を出し合い、連携と協働により、魅力あふれるまちづくりを進めていくための指針となる大田原市総合計画「おおたわら国造りプラン」を、平成29年3月に策定しました。

総合計画は、平成29年度から平成38年度までの10年間のまちづくりの考え方を示す「基本構想」、5年間の具体的な施策・事業を示す「基本計画」、2年間の主要事業を財源の裏付けとともに示す「実施計画」から構成されています。

基本構想について

基本構想は、本市のまちづくりの基本的な指針を示しており、目指すべき市の将来像、まちづくりの基本理念、基本政策、施策等を掲げています。

市の将来像

基本構想では、「知恵と愛のある 協働互敬のまち おおたわら」を市の将来像とし、私たちは、『先人が築き、守り続けてきた自然や歴史、文化に培われた社会を受け継ぎ、「未来につなぐ国造り」を合言葉に、互いに知恵を出し合い、思いやりの心や郷土愛を育み、互いに敬い共に汗を流し働くことで、「いつまでも住み続けたい」と思う愛着と誇りを持てる活力あふれる豊かなまち』の具現化を目指すこととしています。

基本理念とまちづくりの基本政策

基本構想では、「大田原市民憲章」に基づき5つの基本理念を掲げるとともに、市民、市民団体、事業者、関係機関及び周辺自治体等との連携・協働によるまちづくりの方針として、「社会基盤、教育文化、産業、保健福祉、市民生活、行財政」の分野別に、6つの基本政策を掲げています。

基本計画【前期】について

基本計画【前期】では、基本構想で掲げた「市の将来像」を具現化するために必要となる施策や基本事業、具体的な取組を明らかにしています。

分野別計画と重点テーマ

基本計画【前期】の構成は、分野別計画として、基本構想の「まちづくりの基本政策」に基づく39の施策と140の基本事業を掲げています。

また、重点テーマとして、「大田原市未来創造戦略」で掲げた4つの基本目標(「しごとづくり」、「ひとの流れ」、「結婚・出産・子育て」、「まちづくり」)に基づく5つのテーマを掲げ、特に重要となる取組を分野別計画から抽出しています。

総合計画策定の経過

総合計画策定の経過については、こちらをご覧ください。

大田原市総合計画(ダウンロード)

概要版

全体版

 (実施計画は別に策定します。)

 

関連ワード

お問い合わせ

政策推進課
政策企画係
電話:0287-23-8701
ファクシミリ:0287-23-8748