法定外のB型肝炎予防接種の助成の一部が変わります(4月1日から)

2017年7月7日

 本市では2歳未満のお子さんを対象に、法定外としてB型肝炎予防接種を受けた際の接種費用の半額(1回あたり3,600円)を助成していますが、平成29年4月1日から、お子さんが住民税非課税世帯または生活保護受給世帯に属する場合には、自己負担分も市が助成します。

 なお、法定外のB型肝炎予防接種についてはこちらをご覧ください。

対象者

 法定外のB型肝炎予防接種対象者であって、住民税非課税世帯または生活保護受給世帯に属するお子さん

対象となる接種期間

 平成29年4月1日から平成30年3月31日の間に受けた接種 

助成方法

 接種後に医療機関で自己負担分を支払ったのち、市健康政策課へ助成金請求書及び領収書を提出してください。対象世帯に属することが確認されたのち、指定の口座へ助成金を振り込みます。

 大田原市B型肝炎予防接種費用助成申請書兼請求書(87KB)

持ち物

 領収書、通帳および印鑑

請求期限

 接種を受けた日の翌月末まで(平成30年3月は4月15日まで)

お問い合わせ

健康政策課
感染症予防係
電話:0287-23-8975