自動車リサイクル法

2017年1月12日

自動車リサイクルシステム

平成17年1月1日から「使用済自動車の再資源化等に関する法律(自動車リサイクル法)」が本格施行されました。
自動車リサイクル法は、ごみを減らし、資源を無駄使いしないリサイクル型社会を作るため、車のリサイクルについてメーカー、関連事業者、車の所有者の役割を定めた法律です。

詳細については、自動車リサイクル促進センターのホームページで確認してください。
自動車リサイクル促進センター(外部リンク)

二輪車リサイクルシステム

「二輪車リサイクルシステム」は、ユーザー、メーカーや輸入業者、そして販売店が一体となったリサイクルシステムです。
廃棄二輪車の回収・適正処理による廃棄物の減量と資源の有効活用をめざして、二輪車の国内メーカー4社と輸入業者12社が中心となって自主的に取り組んでいるのが、「二輪車リサイクルシステム」です。

詳細については、自動車リサイクル促進センターまたは全国軽自動車協会連合会のホームページを確認してください。
自動車リサイクル促進センター(外部リンク)
全国軽自動車協会連合会(外部リンク)

また、市内の廃棄二輪車取扱店について大田原市の廃棄二輪車取扱店(PDF)(115KB)をご覧ください。

お問い合わせ

生活環境課
電話:0287-23-8706