家計消費状況調査

2016年12月28日

家計消費状況調査

 大田原市内一部地域において、平成29年2月から平成30年10月までの期間で、総務省統計局が家計消費状況調査を実施します。

調査の目的

 この調査は、個人消費動向の的確な把握のために、ICT関連の消費やインターネットを利用した購入状況、購入頻度が少ない高額商品・サービスの消費等の実態を安定的に捉えることを目的としています。

調査の対象と選定方法

 調査の対象は、全国の全世帯とし、無作為抽出方により選定します。

調査事項

 次に掲げる事項を調査します。

  1. 世帯に関する事項
  2. 電子マネーの利用状況
  3. インターネットを利用した購入状況
  4. 特定の商品・サービスの購入金額
  5. インターネットを利用した商品・サービスの購入金額

調査の方法

 調査は、民間の調査機関に委託し、調査員による留置き調査法(オンラインも併用)とします。

その他

 この調査は、統計法に基づく一般統計調査として実施します。

 総務省統計局 家計消費状況調査HP外部サイトへのリンク 

 

お問い合わせ

政策推進課
電話:0287-23-8701