大田原市健幸ポイントプロジェクトについて

2017年7月6日

大田原市健幸ポイントプロジェクト 

「健康は自分に贈ることのできる最高のプレゼント」<健康長寿都市宣言(平成7年)>

健幸ポイントプロジェクトとは、大田原市民の皆様に「健幸づくり」へ興味を持っていただき、運動習慣を広めることで市民一人一人の“健幸寿命”の延伸を目指す事業です。

歩数計を持って歩いたり、体組成の測定や健幸づくりプログラムへの参加などの市が指定する活動を行うと、その頑張った実績に対して“健幸ポイント”をお贈りします。

獲得したポイントは、地域商品券である「大田原市子育て支援券」に交換するか、「大田原市子育て支援基金」に対して寄付することができます。

“健幸“ってなんでしょう?

その定義は、“ただ健康であるだけでなく、自分らしく幸せに人生を生きること“となります。

病気にならない”健康”に加えて、例えば、”自分のやりたいことができる“、“自分のことは自分でできる”、“自分のことを自分で決められる”、“いつまでも自分の足で歩ける”などが“健幸”の例としてあげられます。

いつまでも健幸であるためには、運動習慣を生活に取り入れて生活習慣病を予防することが大切です。

そして、自分の体の変化を調べて不安を解消したり、家から外に出て刺激を受けることが、心から幸せであり続ける健幸寿命を伸ばすための手段になります。

健幸寿命が長いということは、本人も家族も“楽”、そしてその積み重ねが医療費や介護給付費の適正化にもつながっていきます。

つまり、健幸であり続けることは“自分に良し、家族に良し、地域に良し”、あなたが健幸であるだけで、それは立派な社会貢献なのです。

第2期健幸ポイントプロジェクトの実施について

現在の参加者数 1,000名(平成29年7月4日現在)

第1回募集は定員に達したため、終了いたしました。多数のお申し込みをいただき、ありがとうございました。

第2回募集は、10月頃を予定しております。

参加をご希望の方は、今しばらくお待ちください。 

第2期健幸ポイントプロジェクトの概要

  • 参加目標 大田原市民 3,000名
  • 参加資格 市内に住所を有する20歳以上の男女
  • 個人負担 参加費1,000円
  • 制度概要
    1. 市が指定する活動を実施した参加者に健幸ポイントをお贈りします。
    2. 健幸ポイントは最大20ポイントまでためることができます。
    3. 健幸ポイントが20ポイントたまると、「大田原市子育て支援券」2,000円相当に交換できます。(1年度3回まで。)
    4. 「大田原市子育て支援券」への交換に代えて、「大田原市子育て支援基金」へ寄付することもできます。
  • その他
    1. 毎日の歩数を記録するため、希望する方には歩数計を無償配布いたします。
    2. 歩数計の所持に代えて、富士通株式会社が提供するスマートフォン用アプリ「からだライフ」アプリ」を用いて歩数を記録することもできます。
    3. 平成28年度まで実施した「健康マイレージ事業」は、健幸ポイントプロジェクトに統合されました。

第1期健幸ポイントプロジェクトの成果について

第1期健幸ポイントプロジェクト(平成26年度から平成28年度まで)は、国から認定を受けた「健幸長寿社会を創造するスマートウエルネスシティ総合特区」の事業の一環として実施しました。

  1. 健幸ポイントプロジェクトの成果について(概要版)(288KB)
  2. 「SWCスポーツによる地域活性化推進事業報告書」(4MB)
  3. 健幸ポイント参加者アンケート報告書(875KB)

(平成28年度スポーツ庁 「スポーツによる地域活性化推進事業」)

関連ワード

お問い合わせ

健康政策課
健康政策係
電話:0287-23-8704
ファクシミリ:0287-23-7632