消費者問題への取組

2017年4月27日

市長メッセージ

 大田原市では、昭和60年より大田原市消費生活センターを設置し、市民の皆様の安全・安心な消費生活の実現を図るために取り組んでまいりました。
 平成21年度からは栃木県消費者行政活性化基金を活用し、啓発グッズの配布やほほえみセンター巡回・出前講座など、更なる啓発活動を行ってまいりました。
 しかしながら、相談件数は依然として増加傾向にあり、年々内容は複雑化しています。

 大田原市としましては、今後も啓発・相談・支援を継続して行い、住む人が輝き、来る人がやすらぐ、幸せ度の高いまちとして消費者問題に取り組んでまいります。

 平成29年4月1日 大田原市長 津久井 富雄

消費者問題

 消費者問題とは、悪質商法・契約トラブル、架空請求、多重債務など、消費生活に関わる問題のことを言います。

消費生活センター

 大田原市では、消費者問題を防止するために消費生活センターを設置しています。消費生活センターでは、消費生活専門相談員、消費生活コンサルタントなどの資格を有する相談員が、皆様の消費生活に関するお悩みを解決できるようアドバイスをしています。

 詳しくは大田原市消費生活センターをご覧ください。

その他の相談先

消費者ホットライン

 電話:188

 休日などでどこに相談して良いか分からない場合に、次の番号に電話をかけると、選択方式によりその時間帯に受付をしている消費生活センターなどにつながります。

消費者庁リコール情報サイト

 消費者庁ではリコール品による事故の再発防止のため、リコール対象品等の情報が集約されているサイトを開設しております。

詳しくは消費者庁リコール情報サイト外部サイトへのリンクをご覧ください。

お問い合わせ

生活環境課
生活交通係
電話:0287-23-8832
ファクシミリ:0287-23-8923