西行桜(さいぎょうざくら) 市指定天然記念物

2017年5月2日
  • 指定年月日 昭和41年2月15日
  • 所在地 大田原市佐良土1401 法輪寺境内
  • 所有者 法輪寺
  • 員数 1本
  • 樹高 10.2メートル
  • 幹周 A1.25メートル B1.89メートル
  • 枝張り 東4.7メートル 西2.5メートル 南1.4メートル 北9.2メートル

 法輪寺境内にあるシダレザクラです。シダレザクラはエドヒガンの変種で枝が枝垂れるものをいいます。別名イトザクラともよばれます。

 この樹は根元から二股に分かれています。

 保延(ほうえん)年間(1135から41)、西行法師が奥州行脚の折法輪寺に詣でて、境内にあったサクラを見て、「盛りには などか若葉は今とても こころひかるる糸桜かな」と詠んだと伝えられていることから、「西行桜」の名があります。当時から800年余の歳月が流れていますが、現在のサクラはひこばえのものです。

  西行桜.jpg

地図

関連ワード

お問い合わせ

文化振興課
文化財係
電話:0287-98-3768
ファクシミリ:0287-98-7124