産学官連携の推進について

2013年12月6日

sangakukan.jpg

大田原市は、地域の産業振興のため産学官連携事業を推進しています。

産学官連携事業推進に至る経緯

本市は、東京に近接しており高速道路や新幹線などの交通アクセスも良好で、こうした諸条件を生かしながら、工業団地の造成や誘致活動などの工業導入策や道路整備などの都市機能の強化により、医療関連産業をはじめとした多くの優良企業が立地しています。

地域経済の低迷が続くなか地域の活性化を図るため、平成16年3月に「大田原市医療福祉産業都市構想」を策定し、今後成長が見込まれる医療福祉関連産業や研究機関、医療機関などの集積を進めるとともに、地域の資源である医療福祉関連産業をはじめ、既存の企業、研究機関、大学、医療機関などとのネットワークを構築し、産・学・医・官の連携による様々な事業展開による地域の活性化を図ることとしました。

産学官連携事業の取り組み

委員会の設置

市では、「大田原市医療福祉産業都市構想」実現のため、市内に整備された工業団地などへ医療福祉関連産業をはじめとした企業誘致を進めるとともに、地域に立地している多様な既存産業の活性化を図るため、平成18年10月に栃木県、大田原市、商工団体、大学、医療機関、有識者などで構成する「大田原市産学官連携推進委員会」を発足させ、産学官連携を進めるための事業計画や実施体制などについて検討してきました。

研究グループ活動の推進

委員会の活動の中から、企業、大学、市等の連携体である研究グループが誕生し、新事業の創出や地域の活性化をめざし調査研究、新商品開発等の検討、技術等についての情報収集等の活動をしております。

  • 与一の里ネットワーク研究会(市特産品のウド葉を利用した機能性食品の開発)
  • 大田原医療福祉機器研究会(新たな福祉機器の開発)
  • グリーンエネルギー研究会(新エネルギーを活用した機器の開発)
  • 与一の里キノコ研究会(菌床きのこを活かした新製品の開発や事業化の検討)

与一くんウド飴発売

(平成25年4月与一くんウド飴発売)

産学官連携に関する官公庁等の公式ホームページの紹介

産学官連携に関する取組状況やイベント情報、支援内容などについて下記のホームページで掲載されていますので、興味のある方は一度ご覧ください。

栃木県内の産学官連携関連サイト

 

お問い合わせ

商工観光課
企業立地係
電話:0287-23-8709
ファクシミリ:0287-23-8697