法定外公共物の譲与

2016年10月28日

 国有財産であった里道(認定外道路)・水路等が大田原市に譲与されました。

 地方分権推進計画により、平成17月3月31日市内全域の里道(認定外道路)・水路等として機能している国有財産が市に譲与されました。
 大田原市内でこれらの財産について栃木県の使用許可を受けている方は、今後許可更新の際、大田原市に使用許可申請を提出していただくことになります。
 また、使用料が平成28年4月1日から変更となっていますので、詳しくは道路維持課管理係までお問合わせください。
 なお、国有財産として処理されてきた譲与済み地区内の里道・水路等の使用許可・境界確認等は大田原市の業務となるため、大田原市法定外公共物管理条例を制定し、平成15年4月1日から施行しています。

お問い合わせ

道路維持課
管理係
電話:0287-23-8717
ファクシミリ:0287-22-8731