銅製鰐口 文和(どうせいわにぐち ぶんな) 県指定有形文化財(工芸品)

2017年2月10日
  • 指定年月日 昭和32年8月30日
  • 所在地 大田原市南金丸1628 那須神社
  • 所有者 那須神社 (那須与一伝承館寄託)
  • 員数 1口
  • 製作年代 南北朝時代
  • 大きさ 直径37.2センチメートル 重量7.87キログラム

 鋳銅製で中央には蓮華(れんげ)文の撞座(つきざ)を抽出し、外区の左右に「文和ニニ季乙未八月十五日敬白」「那須庄福原南金丸八幡宮大旦那藤原忠彷并江州」の銘が彫られています。

 このことから那須氏の一族と思われる藤原忠彷・同近江守が、文和4年(1355)那須神社に奉納したものであるとわかります。

 

地図

お問い合わせ

文化振興課
文化財係
電話:0287-98-3768
ファクシミリ:0287-98-7124