与一スイカ

2008年10月16日

 地元の農家では、「与一スイカ」を栽培しています。皮が薄く、甘味が強いのが特長です。
 ところでスイカは、南アフリカの砂漠地帯が原産地といわれており、水代わりとして珍重されたと思われます。英語では「ウォーターメロン」、江戸時代には「水瓜」と書かれ、現在は西から伝わった瓜の意で「西瓜」と書かれるようになりました。
 また、スイカの縞模様は、小さい実の時からあります。最初は薄く、大きくなるにしたがって、だんだん濃くなってきます。

関連ワード

お問い合わせ

商工観光課
電話:0287-23-8709
ファクシミリ:0287-23-8697