那須野が原国際彫刻シンポジウムin大田原

2012年3月23日

 本市では1997(平成9)年から毎年、「ふれあい・人・自然」をテーマとして「那須野が原国際彫刻シンポジウム(1999(平成11)年以前は「那須野が原彫刻シンポジウム」)」を行っています。
 7月20日ごろから8月31日までの約40日間、大田原市ふれあいの丘の大工房において、国内外の彫刻家たちが共同生活を行いながら、御影石などを素材とする「石彫作品」やクスノキなどを素材とする「木彫作品」を公開制作します。

 この制作期間中はどなたでも制作の様子を見学することができます。普段目にすることのできない、原石や原木が1つの作品にできあがるまでの過程をじっくり見ることのできる絶好の機会です。どうぞ一度ご覧になってみてください。

 また、この期間中には、粘土や木や石などを材料として作品を作る「立体ワークショップ」や、作家にアドバイスをもらいながら作品を制作できる「こども美術相談」、作家と交流をしながらシンポジウム体験を行う「制作体験」などのイベントも実施しています。こちらもふるってご参加ください。

 完成した作品は、市内の公共施設や主要道路沿いに設置してあります。

お問い合わせ

文化振興課
文化振興係
電話:0287-98-3768
ファクシミリ:0287-98-7124