旧黒羽藩主大関家蔵徳川秀忠より大関左衛門督宛状(きゅうくろばねはんしゅおおぜきけぞう とくがわひでただよりおおぜきさえもんのかみあてじょう) 市指定有形文化財(古文書)

2017年3月17日
  • 指定年月日 平成4年11月24日
  • 所在地 大田原市前田980-1 黒羽芭蕉の館 
  • 所有者 大田原市
  • 員数 1通
  • 製作年代 安土桃山時代
  • 大きさ 縦34.1センチメートル 横52.1センチメートル

これは関ヶ原合戦後の慶長5年(1600)10月27日付けで、黒羽城主大関資増(すけます)に宛てた徳川秀忠の書状です。

紙質は厚手の楮紙(ちょし)で、形状は折紙(おりがみ)です。封紙があり、文箱は漆塗りで、蓋に金字で「慶長年中 御内書」と記されています。

本書状は、慶長5年9月の関ヶ原合戦が終わり、徳川氏が大坂城に入った際、大関資増が祝意を表して、使者をもって、太刀1腰(こし)・馬1疋(ぴき)・杉原(すいばら)(和紙)50帖(じょう)を献上したことに対する秀忠からの礼状です。本文の後半部は、平和が到来したので安心するように、といった通知となっており、大久保相模守忠隣(ただちか)からの添状が発給される旨、付言されています。

旧黒羽藩主大関家蔵徳川秀忠より大関左衛門督宛状(きゅうくろばねはんしゅおおぜきけぞう とくがわひでただよりおおぜきさえもんのかみあてじょう)

関連ワード

お問い合わせ

文化振興課
文化財係
電話:0287-98-3768
ファクシミリ:0287-98-7124