大野室のイチョウ(おおのむろのいちょう) 県指定天然記念物

2017年3月13日
  • 指定年月日 昭和42年12月22日
  • 所在地 大田原市寒井1646 三島神社境内
  • 所有者 三島神社
  • 員数 1本
  • 樹高 30.2メートル
  • 幹周 7.0メートル
  • 枝張り 東16.0メートル 西6.5メートル 南7.3メートル 北7.8メートル
  • 推定樹齢 400年

 イチョウはイチョウ科イチョウ属の落葉高木です。

 この樹は三島神社参道入り口近くに植栽され、回りには同じくらいの高さの杉並木があります。主幹は地上7メートルくらいから分枝しています。

 主幹には気根状の円錐形の「乳」が垂れ下がっており、授乳祈願の対象とされてきました。またイチョウの名は、葉が一枚ずつ付くこと、つまり一葉(いちよう)に由来しています。

 大野室は旧字名で、三島神社は大野室の薬師様と呼ばれ、大同(だいどう)2年(807)、美濃国大野郷の藤原房麿がこの地に住みつき、薬師如来を祀ったことに始まるといい、大野室の名称は房麿の生地に由来するといいます。

 

  乳

地図

お問い合わせ

文化振興課
文化財係
電話:0287-98-3768
ファクシミリ:0287-98-7124