防災

2010年7月7日

災害に備えて、日頃から避難の準備をし、避難場所や連絡方法を家族や職場で話し合っておきましょう。

 

避難場所

 

大田原市地域防災計画

 

避難勧告と避難指示

 災害が発生し、又は発生するおそれがある場合において、人命を守るために「避難勧告」や「避難指示」が発令されるときがあります。

 

避難勧告

 災害が発生する危険性がある場合に発令されるもので、対象地域の居住者に立ち退きを勧め促すものです。(避難を強制するものではありません。)

 

避難指示

 避難すべき時機が切迫した場合に発令されるもので、避難勧告より拘束力が強く避難のために立ち退かせるときもあります。

 

非常備蓄品

 災害復旧までの数日間を自活するためのもの。(最低3日分を用意しましょう)

  • 非常食(アルファ米、レトルトごはん、保存のきくパン、缶詰やレトルトのおかず、インスタント・ラーメン、インスタント味噌汁、調味料など)
  • 水は、1人1日3リットルが目安(保存期間の確認を)
  • 生活用品(卓上コンロ、固形燃料、洗面用具、生理用品、ビニール袋、キッチン用ラップ、新聞紙、ビニールシート、救急薬品、衣類、ナイフ、缶きり、ライター、ティッシュなど)

 

非常持ち出し品

 あまり欲張らず、男性で15キログラム、女性で10キログラムを目安にしましょう。

  • 携帯ラジオ(AM・FM両方聴けるものがよい)
  • 懐中電灯・ろうそく(予備の電池も忘れずに)
  • ヘルメットか防災頭巾
  • 非常食・水(非常食は、火を使わなくても食べられるもの)
  • 生活用品(ライター、ナイフ、缶きり、ティッシュ、ビニール袋など)
  • 衣類(下着、上着、手袋、靴下、ハンカチ、タオルなど)
  • 医薬品(傷薬、胃腸薬、包帯、絆創膏、処方箋のコピーなど)
  • 貴重品(保険証、印鑑、預金通帳など)

 

 

関連情報

 

関連ワード

お問い合わせ

危機管理課
防災係
電話:0287-23-1115
ファクシミリ:0287-23-8895