風しん予防接種費用の一部助成について

2017年7月7日

 風しんの免疫を持たない女性が妊娠中(特に妊娠初期)に感染すると、胎児が白内障、先天性心疾患、難聴を主な症状とする先天性風しん症候群になる可能性があります。大田原市では、風しんの流行拡大を防止し、風しんから赤ちゃんを守るため、風しん予防接種費用の一部助成を実施します。

対象者

大田原市に住所を有する方で、風しんに未罹患の未接種者で次のいずれかに該当する方

  1. 妊娠を希望している方(妊娠中の方は受けることができません)
  2. 妊娠中又は妊娠を希望している方の夫(婚姻関係を問わない)
  3. 風しん抗体検査により抗体価が低いと判明している方で妊娠中又は妊娠を希望する方の夫以外の同居者
  4. 18歳から60歳未満の男性

対象者には、原発避難者特例法に基づき指定市町村から住民票を移さずに大田原市に避難している方も含みます

実施方法

事前に医療機関に予約をして、予防接種を受けてください。実施医療機関については、法定外予防接種のお知らせ記事内「平成29年度風しん予防接種実施医療機関一覧」を御覧ください。

実施医療機関一覧以外の医療機関での接種希望の場合には必ず接種前に市へお問い合わせください。

各医療機関によってワクチン在庫状況は異なりますので、必ず事前に各医療機関に確認をするようにしてください。

  • 予診票は各医療機関にあります。
  • 予防接種を受ける前に、医療機関にあります「風しんの予防接種を受ける方への説明書」を接種前に必ずお読みください。
  • 予防接種を受ける方が20歳未満で保護者が同伴しない場合(20歳未満でも既婚者は除く)は、保護者が記入した予診票の他に、別紙「風しんの予防接種同意書」が必要になります。詳しくはお問い合わせください。

自己負担額

風しんワクチン接種の場合

2,550円(接種料金 5,100円 市助成額 2,550円)

麻しん風しん混合ワクチン接種の場合

5,100円(接種料金 10,200円 市助成額 5,100円)

助成回数

1人1回

接種出来ない方

次のうち、いずれか1つでも該当する方は接種できません。

  • 明らかに発熱している方(37.5℃以上)
  • 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな方
  • 本剤の成分によってアレルギー反応をおこしたことが明らかな方
  • 明らかに免疫機能に異常のある疾患を有する方及び免疫抑制をきたす治療を受けている方
  • その他、予防接種を行うことが不適当な状態にある方

接種の判断を行う際に注意を要する方

  • 心臓血管系疾患、腎臓疾患、肝臓疾患、血液疾患、発育障害などの基礎疾患がある方
  • 過去の予防接種で接種後、2日以内に発熱の見られた方及び全身性発疹などのアレルギーを起こしたことのある方
  • 過去にけいれんを起こしたことがある方
  • 過去に免疫不全の診断をされている方及び近親者に先天性免疫不全の方がいる方
  • 本剤に対しアレルギーを起こす可能性がある方

健康被害救済制度について

行政措置として行う法定外の予防接種となりますので、万が一健康被害が起きた場合は「大田原市予防接種事故災害補償規則」に基づき市が対応いたします。

お問い合わせ

健康政策課
感染症予防係
電話:0287-23-8975
ファクシミリ:0287-23-7632