橋梁長寿命化修繕計画について

2016年12月19日

橋梁長寿命化修繕計画について

大田原市道に架かる橋梁の急速な高齢化と老朽化が進んでいます。市では、橋長15m以上の橋梁について、平成20年度より点検を行い、長寿命化修繕計画を策定しました。
  また、平成25年の道路法改正等を受け、平成26年7月より道路管理者は、すべての橋梁・トンネル等について、国が定める統一的な基準により、5年に1回の頻度で、近接目視により点検を行い、健全性を4段階で表すことになりました。
 橋梁点検の結果、早急に架け替えの必要のある橋梁はありませんでしたが、部分的な修繕及び塗装等の維持管理を行うとともに、定期的な点検を行います。

お問い合わせ

道路維持課
維持係
電話:0287-23-8717