農家民宿を開業してくれる農業者を募集しています

2013年1月17日

 大田原市では、グリーン・ツーリズム事業の一環として「農家民宿」を開業してくださる市内農業者を募集しています。大田原市の産業・観光を盛り上げるため、ぜひ皆様の力をかしていただけませんか。

農家民宿とは

 農家民宿とは、農業者が経営し、宿泊者に農作業や郷土料理づくりなど農業・農村体験を楽しんでもらう宿泊施設です。自宅の一部を宿泊施設として提供し、特に家の改装をする必要がない場合がほとんどです。

農家民宿を開業するメリットとは

 農業者の方にとってのメリットは、自宅を活用し、特別なおもてなしをしたりせずに宿泊者と一緒に普段の生活をしていただくだけで、副業として収入が得られることです。また、宿泊者と交流することで、メンタル面でも充実できることが考えられます。

 大田原市全体にとってのメリットは、宿泊客に農業や地域を良く知ってもらうことができ、大田原市のファンになってくださる方も現れ、地域活性化につながっていきます。

農家民宿を開業するためには

 農家民宿を開業するためには、旅館業営業許可が必要となりますが、国による規制緩和が行われているので、許可を取得しやすくなっています。

 さらに、許可申請の事務手続きは大田原市が全面的にご協力しますので、ご安心ください。

 興味がある方は、ぜひ下記へお問い合わせください。

問い合わせ

 大田原グリーン・ツーリズム推進協議会事務局(商工観光課内)
 Tel:0287-23-8709

お問い合わせ

商工観光課
観光交流係
電話:0287-23-8709
ファクシミリ:0287-23-8697