不育治療費助成制度について

2013年5月22日

 平成25年4月1日から、大田原市では不育治療費助成制度を始めました。
 少子化対策の一環として、不育治療を受けたご夫婦に対して、経済的負担軽減のために治療費の一部を助成します。

対象者及び対象となる治療

対象者

  • 本市の住民基本台帳に記載されている方(転入以前に行った治療は対象外です)
  • 市税等を滞納していない夫婦

 上記2点に該当する夫婦が対象者となります。

対象となる治療

  • 平成25年4月1日以降に行った治療

補助金額等について

  • 補助金額:治療開始から、妊娠終了に伴い治療が終了するまでにかかった治療費(保健診療分を除く)の2分の1の額
  • 限度額:30万円
  • 通算回数制限:なし

 (注意)申請金額は、1,000円未満が切り捨てになります。

申請について

 補助金交付申請には、次の書類を添えて提出してください。

 (注意)不育治療終了の日から6か月以内に申請してください。

 なお、特別な事情があると認められる場合には、この限りではありません。この場合においては、やむを得ない理由を証する書面等を提出していただくことになります。

 詳細は下記にお問い合わせください。

 

お問い合わせ

子ども幸福課
母子健康係
電話:0287-23-8634
ファクシミリ:0287-23-7632