水道管の凍結にご注意ください

2017年12月11日

 気温が氷点下になると水道管や水道メーター、蛇口などが凍りついて水が出なくなったり、破裂して漏水し多額の修理費用がかかる恐れがあります。
 給水装置はお客様の財産です。適切な管理をお願いいたします。

水道管の凍結を防ぐには

断熱材による保温 

 水道管や蛇口に布切れや毛布、専用の保温材等を巻きつけ、濡れないように上からビニールテープを隙間なく巻いて保温してください。

水抜き栓による凍結防止

 水抜き栓、不凍水栓柱をご使用の家庭では、お休み前や長期間お留守にするときは水抜きをしてください。

メーターボックス内の凍結防止

 メーターボックス内には、ビニール袋などに発砲スチロールや布切れなどを入れ、ふたを閉じて防寒してください。

それでも凍ってしまったら

 凍結した管や器具の外側を布で覆い、ぬるま湯をかけてゆっくりと解凍してください。急激に熱湯をかけると器具を破損させるので注意が必要です。
 凍結により既に水道管が破損した場合、解凍により漏水が発生します。ご利用の前に漏水の確認をしてください。

 

お問い合わせ

水道課
工務係
電話:0287-23-8713
ファクシミリ:0287-23-8863