小滝城跡(こたきじょうあと) 市指定史跡

2017年2月14日
  • 指定年月日 昭和42年7月22日
  • 所在地 大田原市小滝742-1
  • 管理者 個人

 小滝城は、建徳元年(1370)(北朝年号は応安3年)、那須資藤の五男五郎資信がこの地に居館を構えて小滝氏を称し、居住したといわれます。

 現在は水田・宅地となっていますが、土塁と空堀の一部が確認されています。また今でも外城(とじょう)の地名が残っています。

 小滝氏は資信・信保・信方・信般・信伴・増信・信定と伝え、小滝一円を領し、この地の豪族として繁栄しました。

 増信は小滝五郎と称し、那須氏の家来として戦功をあげました。増信の子、信定は慶長年間(1596から1615)に福原氏に仕え、小滝を去ったために居館は廃城となりました。

  小滝城跡.jpg 

(参考文献)

  • 『栃木県の中世城館跡』栃木県教育委員会 1982年(167ページ、略測図)
  • 『那須の戦国時代』北那須郷土史研究会編 下野新聞社刊 1989年(67ページ、略測図)
  • 『那須郡誌』蓮実長著 下野新聞社刊 1970年(274ページ)
  • 『金田村郷土誌』金田村学事会 1931年(92,126ページ)

地図

お問い合わせ

文化振興課
文化財係
電話:0287-98-3768
ファクシミリ:0287-98-7124