黒羽城址公園

2010年9月9日

 黒羽(くろばね)城は、天正4年に大関高増が築城し、北那須最大の規模を持つ城郭でありました。現在、城郭の跡は土塁、空濠、水濠などが保存されており、当時のおもかげを残しています。

本丸跡に立つと、那須、日光連山が一望でき、眼下には那珂川の清流があり、城址公園として親しまれています。また、4月にはさくらまつり、6月下旬から7月上旬には6000株の紫陽花が咲き、紫陽花まつりが開催され多くの観光客でにぎわいます。

みどころ

  • さくら:4月上旬から中旬
  • ツツジ:5月中旬
  • あやめ:6月下旬
  • 紫陽花:6月下旬から7月中旬

交通案内

東北自動車道 矢板ICより車で40分。那須ICより車で30分。
JR西那須野駅から市営バス黒羽線で50分、
黒羽支所下車、徒歩10分。

地図

お問い合わせ

商工観光課
観光交流係
電話:0287-23-8709
ファクシミリ:0287-23-8697