東日本大震災に係る被災者生活再建支援金の申請期間延長のお知らせ

2015年10月7日

 自然災害により住宅に著しい被害を受けた世帯に対する支援金の支給制度「被災者生活再建支援制度」につきまして、東日本大震災に係る被災者生活再建支援金の申請期間が延長となりましたのでお知らせします。

申請期間

基礎支援金

基礎支援金については、以下のとおり申請期間を12ヶ月延長します。

「平成27年10月10日まで」を、「平成28年10月10日まで」に延長します。

加算支援金

加算支援金については、以下のとおり申請期間を12ヶ月延長します。

「平成28年4月10日まで」を、「平成29年4月10日まで」に延長します。

制度の概要

  • 対象となる方は住宅の「世帯主」です。所有者ではありません。
  • 対象となる建物は生活している住宅です。納屋や門、塀などは対象となりません。
  • 対象となる被害状況は以下のとおりです。
    1. 「り災証明書」における り災程度が「全壊」の世帯
    2. 「り災証明書」における り災程度が「大規模半壊」の世帯
    3. 「り災証明書」における り災程度が「半壊」であるが、やむを得ず解体した「世帯」または住宅の敷地に被害が生じ、その住宅をやむを得ず解体した「世帯」

支援金の支給額

 支給額は、次の二つの支援金の合計額となります。

  • 住宅の被害程度に応じて支給する支援金(基礎支援金)
  • 住宅の再建方法に応じて支給する支援金(加算支援金)

基礎支援金

  • 住宅が全壊(上記1,3の場合):100万円
  • 住宅が大規模半壊(上記2の場合):50万円

加算支援金

  • 建設・購入:200万円
  • 補修:100万円
  • 賃借:50万円

 ただし、世帯人数が1人の場合は、各金額の4分の3の額

 (例)世帯人数が1人で「大規模半壊」で「補修」の場合

 (基礎)37万5千円+(加算)75万円=(合計)112万5千円

お問い合わせ

危機管理課
防災係
電話:0287-23-1115
ファクシミリ:0287-23-8895