堆肥等の取扱いについて

2011年9月1日

 平成23年7月25日から堆肥等の施用・生産・流通について自粛になっておりましたが、国より暫定許容値が示され、取扱いについて通知がありましたので、お知らせいたします。

 肥料・土壌改良資材・培土中に含まれることが許容される放射性セシウムの最大値は1キログラムあたり400ベクレルに設定されました。堆肥等の放射性セシウムの濃度が、暫定許容値以下であることを確認し、使用してください。また、以下の場合は、暫定許容値にかかわらず、施用が可能です。

  1. 生産した農作物の全部または一部をその農地に還元する場合
  2. 自ら飼料を生産する草地・飼料畑等に、自らの経営で生じた家畜排せつ物又は堆肥を還元する場合
  3. 草地・飼料畑等で生産した飼料を畜産経営に供給し、その畜産経営から入手した家畜排せつ物又は堆肥を、元の草地・飼料畑に還元する場合

 詳細についてはパンフレットをご覧ください。

問い合わせ

 那須農業振興事務所 Tel:23-2151

 大田原市産業文化部農政課 Tel:23-8292

 

お問い合わせ

農政課
農産園芸係
電話:0287-23-8292・0287-23-8708
ファクシミリ:0287-23-1507